学科案内 ストレスケアカウンセラー・コース(学科課程)

ストレスケアのBTU TOP > 学科案内 > ストレスケアカウンセラー・コース(学科課程)

stresscare.jpg

専門課程.jpgバランスセラピー学では、人間の自然性を回復するために、自然及び自然に関して考察を深めた結果、リラクセーションの重要性を発見し、自然性を回復させるための効果的な「リラクセーションプログラム」を構築しました。
そのプログラムの中でも、基礎課程Ⅰは、バランスセラピー理論を個人に適用した、自分自身の自然性を回復するためのものでした。
また、基礎課程Ⅱは既に関わりのある周囲の人たちに、自らが獲得したリラクセーションを波及させていく段階であり、バランスセラピー理論を他者や社会との関わりにおいて表現してきました。
専門課程では、関わりのない第三者、つまり、初対面の人から求められた場合でも、そのプログラムの提供ができる専門的な援助の段階を目指して学習を進めています。
ストレスケア・カウンセラーとは、バランスセラピー理論を相談者に適用して援助していく専門家です。従って、自らがバランスセラピー理論の実施者として進めてきた基礎課程の学習を踏まえて、それを応用して援助の体系として再構築したのが専門課程であるとも言えます。
しかし、他者との関わりの中でしか自己成長をなし得ないことを考えると、この援助の体系も自ら人生を豊かにする、自己成長のための教養課程としてとして促えることが出来るのです。

バランスセラピーの学習プログラムは、能動的なリラクセーション能力の獲得に向けて、生涯学習の段階を含んでいるが、ストレスケアカウンセラーの資格を有した後には、さらに学習を進め、生涯学習の教師として社会に向かって働きかけていく段階も用意してあります。
つまり、つまり、人間の自然性を回復する「バランスセラピー」というリラクセーションプログラムは、プログラム自体の有効性に加えて、それを個人や周囲の人間、第三者、広く社会に提供していくための、処方学の要素が不可欠であり、それを含んだものが「プログラムの要素」です。
この専門課程ではバランスセラピーの全体系を学ぶとともに、このプログラムの応用力、進行管理の力を身につけていくことになります。

ttl-gaiyo.jpg

科目数 授業内容 単元
1 BT1~3 9
2 BT4 6
3 BT5 5
4 BT6 5
5 JA 7
6 JB 6
7 上肢・上半身 5
8 AG作成/計測実習/WS実習 9
9 AG説明法 3
10 カウンセリングロールプレイ 6
11 BT理論概論Ⅰ 1
12 BT理論概論Ⅱ 2
13 BT理論概論Ⅲ 2
14 カウンセリング概論Ⅰ 2
15 カウンセリング概論Ⅱ 2
16 AG概論 2
17 HS群技法解説 2
18 ワークシステム概論 1
19 ライブ講義 10
20 レポート作成(5課題) 95
本校以外での実習(約1日1時間×332回) 285
合計 465
基礎Ⅰ・Ⅱ・専門課程総単元数 630

1単元=70分
※実技等の実習は、専門課程講師と技術コーチが指導します。


school-cost.gif

(別途消費税)



あなたも新しい一歩を踏み出してみませんか?無料の体験セミナーはこちらからご応募頂けます!